医療やリハビリ、福祉のニュースなど、気になる話題をつづっています。

スポンサーリンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杖の高さ、本当に適切ですか?

前回は杖の握り方のお話をしていました。
思い出しましたでしょうか?

では杖の握り方はわかりましたが、
次に問題になるのは?

そこで考えるのは杖の高さです。
どれぐらいの高さがいいのでしょうか。

例えば・・

理学療法士と運動学 杖が高すぎ

これだとちょっと高すぎです。
逆に、

理学療法士と運動学 杖が低すぎ

これだと低すぎます。

では適正とはどれぐらいなんでしょうか。
こちらをご覧ください。

理学療法士と運動学 杖の高さ

の握りの部分は手を下垂させた時の
手首(脈を診る部分)の高さです。
それでいて肘関節はだいたい30°曲がっています。

リハビリで基本となるのはこの高さです。


正しい高さにするとこんな感じです。

理学療法士と運動学 杖の高さ適正


あまり高すぎず、低すぎず。
ちょうど良い高さを探してください。

分からなければ担当のリハビリスタッフに
聞いてくださいね。

あとこれはあくまで高さの目安ですので、
個々人で使いやすい高さがあれば、
そちらを優先する場合もあります。



一本杖の高さや使い方については
こちらでさらに詳しく解説しています。

杖の使い方 正しい一本杖での歩行を動画を用いて解説
関連記事
ジャンル : 心と身体

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
検索
お問い合わせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。