お伝えするのを忘れていたことが
ありました。杖を持つ手のことです。

「先生、杖は右手でいいですか?」

よく聞かれます。


まず基本を覚えてください。

例えば以前お話した変形性股関節症の場合で、
左膝が痛い場合、杖を持つのは右手です。

ようするに痛い方の足、
免荷(体重を逃がす)したい足の
逆の手にを持てばいいのです。

片麻痺の患者様でも同じです。
左に麻痺があれば右手にをもってください。

これは歩行を考えれば簡単に分かります。
左足を出す時には右手を前に振っています。
その右手にがあればスムーズにつけます。

私が患者様にお伝えしているのは

「痛い足、動かしにくい足+杖=良い足に近づく」

ということです。

で自分の良くない方の足を助けてやる。
これこそが『自助具』と言われる
所以(ゆえん)じゃないでしょうか。


こちらの記事はこの本を参考にしました。

関連記事
ジャンル : 心と身体