医療やリハビリ、福祉のニュースなど、気になる話題をつづっています。

スポンサーリンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杖の種類 その3


前回までお話していたT字杖とよく似ている
のですが、四脚杖というがあります。

四脚杖

「よっつの脚の」まあそのままです。
リハビリではQ-cane(きゅーけいん)
よぶこともあります。

写真のタイプは四つ脚が小さいタイプで、
もう少し広め(大きめ)の物もあります。

このと前回までお話していたT字杖との違いは、
なんといっても脚の数です。
こちらは4本あるので、その分安定しています。

歩行の安全性が低い場合には、T字杖より安全なため
こちらの使用をおすすめすることがあります。
ただし短所としては大きいこと、やや重いことと、
値段が少し高いことがあげられます。

また柔らかい地面(じゅうたんやカーペット)では、
脚が4つあっても結局不安定さが変わらない
こともありますので、長所・短所を把握して、
慎重に使うべきだと思います。

分からない場合は、担当の理学療法士や作業療法士に
歩行の状況を見てもらうか、状況を伝えて
判断を仰ぐようにしましょう。

こちらの記事はこの本を参考にしました。

関連記事
ジャンル : 心と身体

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
検索
お問い合わせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。