『筋肉』のことを『筋(きん)』と呼んでいる方、
あなたは通です。

医療界では『筋肉』と言わずに『筋』と
言う方多いです。

次の診察の時に先生が触診されたら、
「先生、それは何筋ですか?」なんて、
通を演じてみてはいかがでしょう。


ここでは通を演じて筋とします。
いわゆる筋で覚えていただきたいことは3つ。

1つ目「筋は伸び縮みする」
2つ目「筋には作用がある」
3つ目「筋トレにはルールがある」

「作用?」
なんのこっちゃ分かりませんよね


次回からそれぞの説明をしていきますね。



股関節の痛み原因を探る  

当ブログはブログランキングに参加しております。
ブログランキングにはいろんな役立つブログがあります。
ぜひご覧下さいね。それでは応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキングへ 
関連記事
ジャンル : 心と身体
タグ : 基礎 筋肉