若さを保つ秘訣、それは初めてのことに出会いどれだけドキドキできるか、最近そう考えています。
暑い日が続きますが、みなさんお変わりなく過ごせていますか。

この記事を書いている時点で私は38歳ですが、おかげさまで身体はすこぶる元気です。若くありたいと願いながらも、運動習慣がなく少々太り気味ですが^^;


今回のテーマはその「若さ」です。


若さを保つ秘訣とは?



若さって一般的には身体的な若さ精神的な若さがあると思います。

身体的には運動したり、身体を鍛えたり、そういうやつです。これはわかりやすいですよね。


一方の精神的な若さですが、これがどういうものか自分の中でなかなか見つけることができませんでした。

でも最近思うんです。精神的な若さってどれだけドキドキできるにかかっています。


たとえば知らない人に出会うことがあるとします。理学療法士なら新しい患者さんに出会うことは日常茶飯事です。

言葉では言い表しがたいのですが、このときなんか変なアドレナリンというか、頭を活性化させるようなドキドキがあることに最近気づきました。


「どんな患者さんなんだろう?」

「どんなことで悩んでいるんだろう?」

「どんな人生を送ってきたんだろう?」

「どんな趣味があるんだろう?」

聞きたいことは山ほどあります。


趣味でもそうですよね。この歳になってわざわざ始めようって思うことって、よっぽど興味のあることだと思うんです。

どんな楽しさがあるのか、それを始めることで自分がどう変わるのか、そんな風に考えると本当にワクワクします。


仕事と家の往復では日々淡々と時間が流れ、なかなかドキドキワクワクすることに出会えません。

毎日がワクワクするのは難しいと思いますが、やはり時々ドキドキするようなことに出会いたいです。


その出会いが自分を子どもの頃に連れ戻してくれ、ワクワクを運んできてくるのです。


みなさんはどうですか?そんなワクワクはありますか?


若さを保つには、新しいことに挑戦するといいですよ。
関連記事
テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体