関節包の組織は弾力性がありますが、
一定期間動かさないと、堅くなって
しまいます。

手や足が折れて、ギプス固定すると
堅くなってしまう原因の1つです。

また関節包や関節周囲の靭帯には、
関節状態を感じるセンサーが
たくさんあります。

このセンサーのことを『固有受容器』と
呼びます。

固有受容器は関節の位置や運動などを
感じ取るものです。ということは、
これがないと大変なんです。

例えば、膝の半月板や靭帯の手術をした後、
膝がいま曲がっている?伸びてる?
これがわかりにくくなったりします。

これって思ってる以上に大変です。
いつもそんなことを考えて動いてませんよね?

脳卒中や手術後の理学療法においては、
何かと重要視される固有受容器。
これも覚えておいて損はしないですよ。



股関節の痛み原因を探る  

当ブログはブログランキングに参加しております。
ブログランキングにはいろんな役立つブログがあります。
ぜひご覧下さいね。それでは応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキングへ
関連記事
ジャンル : 心と身体