医療やリハビリ、福祉のニュースなど、気になる話題をつづっています。

スポンサーリンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関節 その2


関節包は関節をつつむ袋のことです。
「包」、訓読みでは「つつむ」。
小龍包も同じこと?(笑)

関節包はで囲まれた空間、
それが関節腔です。

関節包は外側の線維膜と
内側の滑膜に分けられます。

滑膜は滑液という液を分泌したり、
吸収したりします。

この滑液っていうのが本当に大事なんです。

潤滑油の役割をしたり、軟骨の栄養補給を
したりします。また関節内の内圧を
一定に保つ働きもあります。


つづく


運動学こそ理学療法士の生きる道
I am with you. ひとりで悩まないでね





関連記事
ジャンル : 心と身体

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
検索
お問い合わせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。