理学療法士の仕事 朝日1  最近いろんな事故のニュースを見るにつけ、
 元気に過ごしていることへのありがたさを
 実感しています。



5月6日の昼に発生した茨城県の竜巻によって
甚大な被害がでています。

自然の猛威にさらされるにつけ、
人間の無力さを感じます。


最近、生きてるっていうことを
深く考えるようになりまして。

そう考えるきっかけになったのは、
京都の祇園で起きた車の事故の
ニュースをみてからです。


あの平和な祇園であんな大きな
事故が起きたこと。

そしてたまたま、本当にたまたま
通りかかった人が犠牲になったこと。
5秒でも時間がずれていれば、
助かっていたのかもしれませんよね。


あの事故以来、京都府亀岡市の事故や
関越道のバス事故など、たまたまや
偶然で済ませられない痛ましい事故が
続いています。


私はいまのところ病気もなく(たぶん・・)、
大きなケガもせずにここまできました。
元気でいることのありがたみなんて、
正直普段は感じませんでした。

でも最近不幸な事故を見るにつけ、
いまこうやって過ごせていることが
普通じゃないんやって思えるようになりました。


好きなことができずに、苦しんでいる
患者さんを数多くみてきましたし、
そして、いまもその患者さんと
向きあっています。

好きなことがもう一度できる喜びを
わかちあいたい、そう願っています。



もう一度。必ず。


関連記事
ジャンル : 心と身体
タグ : 理学療法士