理学療法士の仕事 がんリスク減  がんのリスクを減らすためにできること。
 みなさん、できていますか?
がんの予防には禁煙、運動、減塩など、
さまざな予防方法があること、
それはみなさんご存知ですよね。

予防をすればリスクが減らせそうだけど、
一体どれぐらいリスクを減らせるのでしょうか?

国立がん研究センター予防研究部の調査が
3月5日朝日新聞の夕刊に掲載されていました。


こちらの調査では、禁煙、節酒、減塩、
適度な運動、適切な体重の維持の
いわゆる体に良いとされる習慣を
取り入れているか聞いて10年間の
がんの発生率を調査しました。

対象は45~74歳の男女約8万人。

全く取り入れていない、もしくは1つだけ
取り入れているグループの発症頻度を
100とすると、

男性
2つ取り入れている → 約86
3つ取り入れている → 約72

女性
1つ取り入れるごとに約9ポイント減


男性の4つと5うのデータは掲載されて
いませんでした。

こちらの調査ではがんを発症しやすい
60歳以上についても結果がでており、
いくつになっても生活習慣病予防は
効果がありそうです。


でも適度な運動ってどれぐらいなんでしょうか。
そのあたりは気になりますが、生活習慣病は
予防である程度リスクは減らせるんですね。


みなさんはどうですか?
しっかり予防できていますか?

ちなみに私は禁煙、節酒、体重の
3つはできています^^;




当ブログはブログランキングに参加しています。
皆様の応援がブログを続けていく私の力になっています(*^_^*)

応援クリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ人気ブログランキングへ
関連記事
ジャンル : 心と身体