医療やリハビリ、福祉のニュースなど、気になる話題をつづっています。

スポンサーリンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療従事者の常識と一般人の常識

理学療法士の仕事 which
 医療従事者の常識と一般人の常識、
 その差を埋めることこそ、治療の第一歩かもしれません。








治療しているときによく考えることなんですが、
医療従事者の常識って何なのでしょうか?

何というよりも「どのレベルまで?」と
かくべきででしょうか。


例えば理学療法士が治療中に、
「この拘縮を改善しないと・・・」
なんて話している場面は良くみます。



「拘縮?」


拘縮?

普通に生活してて、拘縮なんて言葉に
出会うことってないですよね。
私もこの仕事をしていなかったら
絶対知らない言葉です。


私たちが当たり前のように使ってる、
当たり前だと思っている言葉って
実際には全然当たり前じゃないです。

でも治療者同士で話す機会には
専門用語を求められますので、
患者様に説明するときも、どうしても
専門用語を使ってしまう。

ひどい理学療法士になると、英語を
使ってたり・・。

これじゃ患者様の治療への理解や
信頼が高まるわけないでよね。




自分の世界の常識=非常識かも


どの世界でもそうですが、みんなその世界の
ことしか知らない人が多くて、自分の世界の
常識が常識って思ってること。


教師には教師の世界
役所の職員には役所の職員の世界
裁判官には裁判官の世界
理学療法士には理学療法士の世界


これをしっかり理解して、相手を
尊重して、その上で会話することができれば
問題ないと思うんですよね。




まとめ


最近では新聞やニュースでもかなり難しい
医療の内容が、紹介されることが増えて
きましたが、その場合分かりやすい言葉で
しっかり説明してくれています。

でもそれだけでは不十分ですよね。
やっぱり直接話す機会をもつ医療従事者が
分かりやすく伝えるのが一番の近道。


簡単ではないですが、
私は日々考えています。




当ブログはブログランキングに参加しています。
皆様の応援がブログを続けていく私の力になっています(*^_^*)

応援クリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ人気ブログランキングへ
関連記事
ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿

秘密

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
検索
お問い合わせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。