医療やリハビリ、福祉のニュースなど、気になる話題をつづっています。

スポンサーリンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPadを理学療法で使う

最近よく見かけるタブレット型の携帯端末。
ずいぶん医療の世界にも進出してきています。

でもこれって理学療法にも活用できるのでしょうか???
タブレット型携帯端末といっても、
ピントこない人もいらっしゃるかもしれません。
簡単に言うとiPadみたいなやつのことです。

現在病院や医院でのiPadの使用方法は、
電子カルテ、遠隔診療、レントゲンのビューワー、
問診票の記入などです。

中には待合に置いてあって、
待ち時間にご自由にお使い下さいっていう
素晴らしい医院もありました。


理学療法士が理学療法で使っているという話を
あんまり聞かないんですよね。

iPadのアプリケーションを探しても、
国家試験対策や解剖のアプリケーションは
あっても、理学療法のためのものって少ないです。
(あることはあるのですが・・・)


現在医院で一台iPadを使用しておりまして、
これをなんとか整形外科領域でも
活用できないものかと、いろいろ知恵を
絞っておりました。

考えた末に、患者様への治療の説明や
セルフエクセサイスの指導に関して、
ある程度使えるめどがつきました。



ところで気の早い話ですが、来年度の理学療法士の
全国学会が、私の住む兵庫県で開催されます。
いわゆるホスト県です。

理学療法士の仕事 全国学会兵庫
(引用:第47回日本理学療法学術大会HPより)

せっかく地元でやるんだから、参加しなきゃということで、
このiPadに関しての取り組みを抄録として
まとめてみようかなと、現在奮闘しております。

理学療法士の学会で携帯端末(iPad)を用いた
ものがなくて、文章をつくるのがなかなか難しいです。

iPadと理学療法、なんかかっこよくないですか^^;


またご報告しますね。





当ブログはブログランキングに参加しています。
皆様の応援がブログを続けていく私の力になっています(*^_^*)

応援クリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ人気ブログランキングへ
関連記事
ジャンル : 心と身体

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
検索
お問い合わせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。