9月15日、兵庫県上郡町の山本町長が、
脳出血で倒れた妻の介護を理由に辞職願いを
提出しました。

選挙で選ばれた町の長が、個人的な理由で
公職を投げ出すことには賛否両論でていますが、
これって人ごとなんでしょうか?
以前は、年老いた両親は長男と一緒に住み、
長男の嫁が夫の両親の介護をする、
という形が多かったように思います。

昨今、核家族化がすすみ、両親と同居する
若者世代は減り続けています。

そういう私も、同居ではありません。

今回の辞職を願いでるに至った背景には、
介護力の低下の問題があり、日本が抱えていく
であろう問題がおこった人が、たまたま
町長であったというだけのことです。

対岸の火事ではなく、私たちにも起こりえます。
もう少し、介護のこと、身近に考えないとって
考えなおす機会になりました。


ところで、このニュースとは別に、
NECが家電で高齢者の異変を察知できる
サービスを開始するというニュースをみました。

以下、読売新聞ニュースからの引用です。
(http://www.yomiuri.co.jp/net/news/20110915-OYT8T00301.htm)

このシステムは、家電のオンオフや、冷蔵庫や扉の
開閉情報などを無線センサーがデータセンターに送信し、
異常があれば、見守る側に電子メールで知らせる仕組みだ。

NECは自治体や、警備会社向けに販売する。


こういうのってありがたいです。
ありがたいんですけど、ほんとは
家電になんか頼らない形がつくれれば
いいんですけど・・・。


介護のこと、一度ゆっくり考えてみませんか?




股関節の痛み原因を探る  

当ブログはブログランキングに参加しております。
ブログランキングにはいろんな役立つブログがあります。
ぜひご覧下さいね。それでは応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキングへ
関連記事
ジャンル : 心と身体