医療やリハビリ、福祉のニュースなど、気になる話題をつづっています。

スポンサーリンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルツハイマー病には脳に電流 ???

アルツハイマー病についてお伝えしてきましたが、
先日タイムリーなニュースが飛び込んできました。

脳に電流、アルツハイマー病に有効

え?電流ですかぁ・・・。
2011年8月3日、読売新聞の記事からです。

「うつ病などの治療のため脳に電流を流す
電気けいれん療法で、アルツハイマー病を
引き起こすたんぱく質の働きを抑制できることを、
金沢医科大学の加藤伸郎教授らの研究チームが
マウスの実験で突き止めた。」



アルツハイマー病の患者は、神経細胞の機能を低下
させるたんぱく質「アミロイドβ」(Aβ)の濃度が
脳内で高まっている。

加藤教授らは、マウスの脳内の情報伝達を担う電気信号を観察。
Aβを過剰に作り出すアルツハイマー病のマウスでは、
正常なマウスに比べ、信号の継続時間が約1・5倍の長さに
なっていることを発見した。

信号を送る時間が長いと、脳内に送られるカルシウム量が
過剰になって神経細胞に悪影響を与え、それがアルツハイマー病の
一因になるとされる。

Aβの増加で信号の継続時間が長くなっているマウスの脳に、
電気けいれん療法と同様の電流を流すと、信号の時間が
正常な長さに戻った。


引用)yomiDr.


なんか単純に、ほんと単純にですけど、
頭に電気刺激を与えたら、脳は活性化しそう。
でもそんな単純なものではないのでしょうね。

前回、前々回お話した新薬と合わせて、
今後のアルツハイマー病の治療分野は
熱くなっていきそうです。





股関節の痛み原因を探る  

当ブログはブログランキングに参加しております。
ブログランキングにはいろんな役立つブログがあります。
ぜひご覧下さいね。それでは応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキングへ
関連記事
ジャンル : 心と身体

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
検索
お問い合わせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。