医療やリハビリ、福祉のニュースなど、気になる話題をつづっています。

スポンサーリンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルツハイマー型認知症の薬は万能か?!

アルツハイマー型認知症の薬は万能か?!

続々とアルツハイマー型認知症のための新薬が
発売されていますが、この効果については
いろんな議論がなされています。


効くの?効かないの?
おはようございます。理学療法士の國津です。
前回アルツハイマー型認知症のための新薬が承認、
発売されているとお伝えしました。

先日ノバルティスファーマの「イクセロンパッチ」の
勉強会に参加させていただいたので、その話も
踏まえてお伝えします。


その効果なのですが、もちろん国が承認したものなので、
アルツハイマー型認知症の進行抑制には効果があると思います。

ただしこの効果は、「アルツハイマー型認知症における
認知症症状の進行の抑制」であり、「本剤がアルツハイマー型
認知症の病態そのものの進行を抑制するという成績は得られていない。」
ということだそうです。

ややこしいですが、わかりますか?

病態そのものの進行を抑制はできないが、
認知症の症状の進行は抑制できるという意味です。

う~ん、抑制するのは、「病態ではなく症状」かぁ・・。


さらに処方の対象は、エーザイの「アリセプト」が
アルツハイマー型認知症の軽度・中等度、高度、
第一三共の「メマリー」は中等度、高度、
ヤンセンファーマの「レミニール」、小野薬品工業の
「リバスタッチパッチ」、ノバルティスファーマの
「イクセロンパッチ」は軽度・中等度となっています。

それぞれ守備範囲があるわけなのですが、作用機序、効能の
説明を聞くと、やはり軽度から中等度の認知症が守備範囲と
なっている感じがあります。

第一三共のメマリーは、認知症の周辺症状を抑制するということで、
他の3つの薬とは一線を画しております。


今回お話を伺ったノバルティスファーマのイクセロンパッチや、
小野薬品工業のリバスタッチパッチについては貼り薬
ということで、湿布感覚で使え、胃にも優しいのが売りだそうです。
まあ肌がかぶれるトラブルは起こりますが・・。

アルツハイマー型認知症以外にも
「レビー小体型認知症」という認知症もあります。
これについては詳しく述べませんので、
知りたい方はネットで検索してみてください。


いずれにせよ、新薬への期待はもちろん高いです。
特に介護をする家族や施設職員などの期待は高いでしょう。

介護者の負担軽減を十分に考慮したアルツハイマー型
認知症の治療薬が選択され、しっかりと効果がでていけばいいですね。



参照)
中村祐:リバスチグミン ー経皮吸収型製剤への期待ー.老年精神医学雑誌21:1336ー1347,2010


股関節の痛み原因を探る  

当ブログはブログランキングに参加しております。
ブログランキングにはいろんな役立つブログがあります。
ぜひご覧下さいね。それでは応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキングへ
関連記事
ジャンル : 心と身体

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
検索
お問い合わせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。