医療やリハビリ、福祉のニュースなど、気になる話題をつづっています。

スポンサーリンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術後の可動域制限

前回、THA患者様の歩行時の股関節伸展を
制限するものとして、股関節外転筋力の低下が
挙げられる、というお話をしました。

こちらの研究では、THA患者様のお話、だったわけですが、
他の手術様式の場合どうなんでしょうか?
例えば骨盤骨切り術、臼蓋形成術、寛骨臼回転骨切り術、
大腿骨骨切術など、様々な手術方式があると思います。

その全てが・・・、いやおそらくほとんどだと思いますが、
手術後に何らかの可動域制限が残る可能性があります。
(手術前に著しい可動域制限があれば改善するかも
 しれませんが)

早とちりしていただきたくないのですが、
手術が悪いというわけではないのです。

以前もお話しましたが、「手術をする」ということは、
それまでの経過を含めた延長上にあります。
延長上ということは、手術前の影響を受ける
ということになります。

手術をして、関節や骨の形状が改善されても、
それを動かすための筋肉はすぐに改善される
わけではありません。

短縮していたり、かたくなってしまったり、
可動域を制限する要素があるかもれません。

そういう意味では、手術後のリハビリではなく、
手術後のことをイメージした、手術前のリハビリも
大切になってくると言えるのではないでしょうか。


リハビリはいつの時期も、大切なんですよ。


股関節の痛み原因を探る  

当ブログはブログランキングに参加しております。
ブログランキングにはいろんな役立つブログがあります。
ぜひご覧下さいね。それでは応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキングへ
関連記事
ジャンル : 心と身体

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
検索
お問い合わせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。