股関節の運動方向です。
今日は内旋です。

股関節内旋の運動はこちらをご覧ください。


こちらは背臥位(寝ながら)した動作です。
坐って行うとこういう動作になります。



寝ながら行うのと、坐ってするのとでは、
違う動作に見えますね。でも同じ「内旋」です。

内旋とは、いままでの外転や伸展のように、
文字そのものの意味からはイメージしにくい
かもしれません。

「旋」は「ひねる」とイメージしてください。、
股関節を「内にひねる」動作です。
簡単に考えるなら、「太ももを内に向ける動作」と
考えてください。


内旋の主動作筋は、小殿筋です。

股関節痛み原因ストレッチ 小殿筋
Image copyright Primal Pictures 3D Anatomy


それを補助する筋肉は、半腱様筋、半膜様筋、
中殿筋、薄筋、大内転筋です。

股関節内旋も、これ単独でする
日常動作というのは少ないです。

股関節痛をお持ちのかたは、
小殿筋に痛みやこりを抱えてるいる方もいますが、
小殿筋は大殿筋と中殿筋の下にあり、ほぐしたり、
ストレッチをかけるのがけっこう難しいです。


追記(2014.4.29)
新しい股関節ブログで股関節内旋の筋トレを
さらに詳しく解説しています。

お時間がございましたら、合わせてそちらも
ご覧ください。

小殿筋を中心に股関節内旋筋の筋トレをわかりやすく解説
関連記事
ジャンル : 心と身体