医療やリハビリ、福祉のニュースなど、気になる話題をつづっています。

スポンサーリンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中殿筋をイメージしよう

大殿筋の次はなんの筋肉でしょう?
それはやっぱり中殿筋でしょ!

なぜ?
なんとなく殿筋つながりで^^;

いやいやそれだけではないんですよ。
中殿筋はかなり重要な筋肉だからです。

まずは全開の大殿筋のときと同じく、
筋肉の形をイメージしてみましょう。
股関節痛み原因ストレッチ 大殿筋
Image copyright Primal Pictures 3D Anatomy

前回の図です。
これは後ろから見てるので、
横から見てみましょう。

股関節痛み原因ストレッチ 股関節真横から
Image copyright Primal Pictures 3D Anatomy

この図の上の方に、黄色い線で囲まれた部分。
それが中殿筋です。

見にくいですよね?
では腸脛靱帯を外してアップにします。

股関節痛み原因ストレッチ 中殿筋
Image copyright Primal Pictures 3D Anatomy

はい出てきました。

中殿筋は骨盤の横側についています。
場所でいうと腸脛靱帯を切り離して
めくった部分にあると考えてください。

形をイメージできれば、
次は作用(仕事)でしたよね。
では中殿筋の作用はなんでしょうか?

中殿筋の作用で一番大きなものは
足を横にひらく、股関節の「外転」
という運動になります。

縦に筋繊維が走ってますよね。
前回お話しましたように、
この筋繊維に沿った動きをしますので、
中殿筋が収縮(短くなる)すると、
股関節を外に開くことになります。

とりあえず今日はイメージと
メインとなる作用、外転だけ
覚えてみてくださいね。


股関節の痛み原因を探る  

当ブログはブログランキングに参加しております。
ブログランキングにはいろんな役立つブログがあります。
ぜひご覧下さいね。それでは応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキングへ 
関連記事
ジャンル : 心と身体

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
検索
お問い合わせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。