医療やリハビリ、福祉のニュースなど、気になる話題をつづっています。

スポンサーリンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大殿筋の作用

大殿筋の形はイメージできましたか?
お尻の一番大きな筋肉なので、
イメージはしやすいと思います。

その大殿筋の作用(仕事)ですが、
前回のお話では股関節の伸展と外旋に
使われると記載しました。

もう少し詳しくみていきましょう。

前回の大殿筋の写真を拡大してみましょう。

股関節痛み原因ストレッチ 大殿筋アップ
Image copyright Primal Pictures 3D Anatomy (転載・引用厳禁)

よく診ると線があるのがお分かりでしょうか?
このイラストでいうと、左上から右下に流れるように。

これは筋線維の走行を示しています。

筋線維に方向があるということはどういうことか?
ゴムに例えましょう。
股関節痛み原因ストレッチ 筋線維の走行
ゴムは伸びて縮もうとするとき、
ゴム走行にそって縮もうとします。

筋肉も同じように収縮するときは
筋線維の方向にそって収縮します。
そのことは以前筋肉の伸び縮みのところで
お話をしました。

⇒伸び縮みの記事はこちら

ということは、この大殿筋の筋線維の方向を考えると、
大殿筋が収縮して作用すると、股関節を後ろに伸ばす
「伸展」ではなく、股関節を外に捻る(ひねる)「外旋」の
動きが強くなりそうな感じがします。

でも教科書には「大殿筋は伸展に使われる」と
かいてあるんです。

このあたりはちょっと難しいですね。
わからければ、なんとなくでいいですよ^^;

筋肉のおもしろいところであり、難しいところでもあるのですが、
一概に教科書に載ってるような動きにならないことあります。

今回の大殿筋の話では、大殿筋が伸展に作用するのは、
股関節が屈曲位といって前に曲がった状態から
股関節を伸ばすときです。


さらにですね、上1/3、下1/3、そしてその間の部分に分けると、
上1/3は股関節の外転といって股関節をひらく運動に、
下1/3はうちに閉じる内転という運動に使われます。

おいおい、前回言てなかったよ、
ってお気づきの方はしっかり覚えてますよね。
はい、外転と内転の話は、ややこしくなるので、
しておりませんでした。


筋肉は関節の位置によってその作用は変わってきます。
もっともっとややこしいことをいうと、
股関節だけではなく、膝関節や足、骨盤の状態にも
影響をうけることになります。

そんなこと、全部考えながら運動をしていく必要があるんです。
だからややこしい!でもおもしろい!


※追記
今日のお話を聞いて、少し余裕のある方は、
新しい股関節ブログで、大殿筋の筋トレと
ストレッチについてさらに詳しく解説しています。

お時間がございましたら、合わせてそちらも
ご覧ください。

大殿筋を中心に股関節伸展の筋トレをわかりやすく解説

大殿筋のストレッチの正しい方法
関連記事
ジャンル : 心と身体

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
検索
お問い合わせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。