医療やリハビリ、福祉のニュースなど、気になる話題をつづっています。

スポンサーリンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解剖学を学ぶには?

おはようございます。

さて解剖学を学んでいこうと考えたとき、
いったい何をすればいいのでしょうか?

本を読む?
いやいや、そういうことを言っているのではありません。

解剖学で覚えておくことはいろいろありますが、
その中でも皆様に知っておいていただきたいのは?

普段耳にする関節や筋肉や神経のイメージです。

また曖昧ですね(笑)

ここで言う私のイメージというのは、
関節がどんな構造(形)をしているのか?
筋肉がどんな形、大きさなのか?
神経がどんな風にのびているのか?
そんな程度です。

例えば・・・

股関節痛原因ストレッチ 股関節全体
Image copyright Primal Pictures 3D Anatomy (転載・引用厳禁)

右股関節を正面から観た画像です。
簡単に言うと皮膚をはがした状態でしょうか。

こんな感じで骨格がなりたっています。

ここに無数の筋肉があり、いくつかの骨があり、
たくさんの神経もあります。


どうでしょうか?
こちらのブログをご覧いただいている読者の方なら、
この画房ぐらいならイメージできていたでしょうか?

こんな風に、なんとなくでいいんです。
ここにこんな筋肉あったよな。
この骨ってこんな形してたよな。
ほんとそれが分かってるかどうかで、
話の理解がかなり変わってきます。


解剖学ではイメージを大切にしてくださいね。


股関節の痛み原因を探る  

当ブログはブログランキングに参加しております。
ブログランキングにはいろんな役立つブログがあります。
ぜひご覧下さいね。それでは応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキングへ 
関連記事
ジャンル : 心と身体

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
検索
お問い合わせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。