おはようございます。

以前お話しましたが、足底や足首は
車でいうとタイヤの部分です。

これらに変形などあり真っ直ぐ立てていないと、
必ず身体のどこに歪みがでてきます。

先日こられた方は、小さいころから足首やふくらはぎの
筋肉に問題をお持ちで、足首が内反変形しています。

もともとは「膝が痛い」ということで、理学療法の
指示を受けました。膝ももちろん悪かったのですが、
足首の問題も無視できず、同じ程度に治療を続けました。

理学療法を行っていく際、問題のある関節だけを
治療していくことはほとんどありません。

股関節が悪からといって、股関節だけを
治療するのではなく、身体の中でその股関節
どんな動きの役割をしているのか、またその股関節
他の関節にどんな影響を与えているのか、そんなふうに
全身からの影響、また全身への影響を考えていきます。


これってビデオ撮影するときに似ていますよ。
まずは全身、そしてズームして顔にアップ、
それからまたひいて全身を映す。

こんな診方を自分でできたら、
理学療法士はいらないです(笑)

でも大切なことですよ。


股関節の痛み原因を探る  

当ブログはブログランキングに参加しております。
ブログランキングにはいろんな役立つブログがあります。
ぜひご覧下さいね。それでは応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキングへ 
関連記事
ジャンル : 心と身体