おはようございます。
今日はおはようございます、です(^ω^)

さて昨日手術をすれば、可動域はよくなるか、
というお話をしました。

ツイッターで返信をいただいた中から
少しピックアップしてお伝え致します。


先にお断りしておかなければならないのは、
私は手術を否定する立場ではないということ。

ただし完治をするために手術をする、
というのではなく変形性股関節症股関節痛を軽減して、
ADLを改善するための治療の1つだと考えています。

手術をして終わり、というのではなく、
手術をしてもリハビリは続きます。

手術後にリハビリが続くということは、
手術前にもリハビリ(自己での運動)は
必要ということになってきます。


手術をしても、筋肉が急にモリモリと
ついてくるわけではありません。


もし手術前に筋力がしっかりある方と、
すごく弱ってる方がいたとして、
手術後のリハビリを進めていけば
どちらが早くよくなるのでしょうか?

なんとなくイメージできると思います。


いろいろご意見やお考えがあると思いますが、
リハビリってどの時期でも大事なんですよ。


股関節の痛み原因を探る  

当ブログはブログランキングに参加しております。
ブログランキングにはいろんな役立つブログがあります。
ぜひご覧下さいね。それでは応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキングへ 
関連記事
ジャンル : 心と身体