医療やリハビリ、福祉のニュースなど、気になる話題をつづっています。

スポンサーリンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靭帯 その2

靭帯の説明をするときに私がいつも
イメージしているのは『命綱』です。

ロッククライミングや高所の作業で
使われるやつです。

この命綱は頑丈です。またわずかに長さの
ゆとりはありますがゴムのように伸びません。

しかも命綱のように関節をしっかり
守ってくれています。靭帯はそんなやつです。

靭帯は基本的にコラーゲンが
中心にできています。

関節の周囲についていて、関節が
動き過ぎないように動きを制限してくれています。

過度の衝撃がかかると切れてしまいます。
捻挫は靭帯が損傷・断裂した状態です。

靭帯は体の至るところ、関節の周囲に
たくさん存在しています。

関節が動き過ぎず、適度な運動が
できるのは、靭帯のおかげですよ。


運動学こそ理学療法士の生きる道
I am with you. ひとりで悩まないでね









関連記事
ジャンル : 心と身体

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
検索
お問い合わせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。