おはようございます。

昨日の写真は皆さん、分かりましたか?
ディズニーランドのシンデレラ城です。

はい、今日の話題にうつります。

昨日、意識的に動く筋肉と、
無意識に動く筋肉があることを
ご紹介しました。

無意識に動く筋肉、不随意筋の代表格は
心臓と横隔膜でした。

無意識に動くことに
どんなメリットがあるのでしょうか?

一番大きなメリットは、
無意識で動いてくれること(笑)
あたり前ですよね。

心臓や横隔膜を動かすのを
ずっと意識してたら、私たちは
寝ることすらできませんから。

私が思うに不随意筋のいいところは
エネルギーのロスが少ない筋肉だということです。

筋肉を動かすにはエネルギーが要ります。

心臓や横隔膜のエネルギー消費は限りなく
小さく、小さく済むようになっています。
絶えず動いているので、エネルギーを
たくさん消費したら困りますよね。

でも過剰に働きすぎると、心臓の筋肉だって
肥大して、心肥大を起こすこともあります。

また肺気腫の患者様は横隔膜での呼吸がへり、
呼吸補助筋での呼吸を行うので、エネルギー消費が増え、
痩せていく人が多いです。


無意識的に動くということは、
それほどエネルギーを消費しない、
今風に言うと『エコ』な運動なんですよ。


あと昨日の最後の問題、
牛の横隔膜はハラミ(サガリも)です。
知ってましたか?(笑)


股関節の痛み原因を探る  

当ブログはブログランキングに参加しております。
ブログランキングにはいろんな役立つブログがあります。
ぜひご覧下さいね。それでは応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキングへ 
関連記事
ジャンル : 心と身体