おはようございます。

先日の患者様との会話です。

「先生、動かしやすくなったら、
 筋肉がはってきたわ」


はい、いいことですね(^^)

この患者様は股関節がかたくて、
関節可動域をよくするところから始めました。
けっこうかたくなっていて、関節可動域はよくなりました。

可動域がよくなるのはいいことです。
股関節30°しかまがらなかった方が、
90°になれば生活やしやすくなります。

いままで動いてなかった関節が、
急に動くようになる。何も問題は
ないのでしょうか?


30°から90°ということは、
60°分動く範囲が増えています。

この場合で言うと、股関節は増えた
60°分にも責任をもたなくてはいけません。

でもね、長年使われなかった筋肉は
短縮していたり、硬化していたり、
普通に使われていた筋肉とは
性質が異なっています。

もちろんひろがった60°分を補うには
少し時間がかかります。


関節の角度がひろがることはいいことです。
でも筋肉は責任がひろがるということにも
なるんです。

関節、筋肉、セットで考えていきましょう!



股関節の痛み原因を探る  

当ブログはブログランキングに参加しております。
ブログランキングにはいろんな役立つブログがあります。
ぜひご覧下さいね。それでは応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキングへ
関連記事
ジャンル : 心と身体