ちょっとだけ続いちゃいます。

いまは大きく分けて、整形、脳外、呼吸、
心疾患と4つの理学療法分野があります。
あと急性期か、慢性期か、そんな分類もあります。

通常は「整形がいい」、「脳外が好き」とか、
「やっぱり急性期」、「慢性期がしたい」とか、
そんな悩みはつきないですよね。

私も最初は脳外の理学療法が好きで、
それに携われる病院を探しました。

そうして入職した病院ですが、
私が興味をもったのは呼吸のリハビリでした。
そしていまは整形のクリニックに勤務しています。

志が続かない、根性がない、向いてない、
そんな声が聞こえてきそうですが、
それも事実だと思います。

でもやりたいことなんて、はっきり言うて
わからないんやないですかね。

結局は患者様をよくしたい、
そういう場面にどれだけ関われるか、
それが整形とか、脳外とか、それは関係なくて。

あと「あそこに行けば勉強できる」、
なんて声もよく聞きます。

でも勉強は「できる」じゃなくて、「する」もの。
どこに行っても自分の意志しだいです。

大事なのは自分がどういう理学療法士になって、
患者様とどう向き合っていけるか、
そこにかかってきます。

整形にいくこと、脳外にいくこと、
急性期にいくこと、慢性期にいくこと、
そんなことが大事なんじゃないんです。

そのあたりをもう一度考えて、
就職戦線を乗り切っていただきたいものです。




運動学こそ理学療法士の生きる道
I am with you. ひとりで悩まないでね






関連記事
ジャンル : 心と身体