おはようございます。
理学療法士の國津です。

最後は段差。

段差があったらそりゃ転倒する可能性が増えます。
でも先に結論から言うとと、家の中の全ての
段差が消すことは不可能です。

バリアフリーをうたっている住宅やマンションでも、
5mm程度の段差はあります。

5mmでも転倒するときはするのですが・・。

段差があるところといえば、
・上がりかまち敷居
・敷居
・階段

ぐらいでしょうか。

上がりかまちの段差をあがりやすくするには、
手すりか踏み台を設置します。

敷居は埋め込み式のレールに替えればいいのですが、
けっこうお金かかります。

なので蛍光の塗料を塗ったりして、
夜間にも目立つような工夫を
してみてはどうでしょうか。

そして最後に階段。

階段では、
・踏みづら(踏み面)を大きくして、
 蹴上(高さ)を小さく(低く)する
・ひっかからないような蹴上をつくる
・手すりの高さ75〜80cmと言われていますが、
  実際には利用者様の身長に合わせる
・手すりに補助灯をつけて見やすくする
・手すりは握りやすく、気持ちいい材質を

たいしたことはないですが、
最後の気持ちいい材質なんてあんまり考えないですが、
日常的に使うならこういうのも考えてみてはどうでしょうか。



照明、床、段差の中では
やっぱり段差の解消が一番転倒予防に
つながると思いますので、
考えてみる価値ありますよ。





リハビリテーション科 理学療法士 國津秀治


股関節の痛み原因を探る  

当ブログはブログランキングに参加しております。
ブログランキングにはいろんな役立つブログがあります。
ぜひご覧下さいね。それでは応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキングへ
関連記事
ジャンル : 心と身体