今回はPT(理学療法士)の学生さん、
特に就職活動してる最終学年の方に
お届けする話です。

PT関係ではない方、退屈ですがすみません。

年末に近づき就職活動をする季節に
なってきました。毎年の傾向ですが
募集人員は減ってきております。

今までであれば『行きたい病院=就職する病院』
だったのですが、その状況は確実に変わってます。

人気のある病院の就職試験は、高倍率に
なっているようです。なかなか就職先が決まらず、
焦っている学生さんもいらっしゃるでしょう。

確かに就職活動は厳しさを増しています。

以前は口利きで内定を頂けるような楽な時代も
ありました。売り手市場ではなくなってきたので、
もうそれは無理でしょう。

でも悲観することはないと思いますよ。
求人数が少なくなったとはいえ、
まだまだ世間に比べればある方です。

不況の影響で一般企業への有効求人倍率は
1倍を遥かに下回っています。

一般企業への就職活動なら「十数社落ちた」
なんて話はザラですが、少なくとも今年の
就職活動ではPTはそこまでならないと思います。

自分に合う病院は必ずあるはずです。
気楽に進めたらええんやないですかね。

以前にも話しましたが、そろそろ就職率が
100%を切る時代に入りそうです。
そりゃ毎年1万人ぐらい卒業がでればそうなります。

これからPTを目指す方々にも、この現実は
ぜひ知っておいていただきたいです。


最後に、就職活動は焦らずじっくりやっていきましょ。


運動学こそ理学療法士の生きる道
I am with you. ひとりで悩まないでね








関連記事
ジャンル : 心と身体