医療やリハビリ、福祉のニュースなど、気になる話題をつづっています。

スポンサーリンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転倒しないための住環境  照明

おはようございます。
理学療法士の國津です。

今日は照明について簡単に
お話いたします。


照明に関してのポイントは、
・照明は各部屋一定の明るさがいい

・廊下や玄関は自動センサーがあるとベター

・若年者の3倍程度の明るさが必要になる

・明るくてまぶしすぎないものを

・主照明だけだとまぶしくなりすぎるので
 補助照明を使って全体を明るくできるように

などがあげられます。

でも、実際理学療法士が住宅改修に関わっても、
照明の話にまで及ぶことはないと思います。
少なくとも私はしたことがないです。

なんで?

それは介護保険の住宅改修で認められる工事というのが、
・手すりの取り付け
・段差の解消
・すべりの防止及び移動の円滑化などのための、床または通路面の材料変更
・引き戸などへの扉の取替え
・洋式便器などへの便器の取替え
・上記の住宅改修に伴って必要となる住宅改修
となっており、照明に関するものが入ってないんです。

だから照明を替えようっていう話に
ならないのだと考えます。


実際には照明も替えれたらと
思う場面はありますが、
費用の絡みもあり、
なかなか難しいのかもしれませんね。



股関節の痛み原因を探る  

当ブログはブログランキングに参加しております。
ブログランキングにはいろんな役立つブログがあります。
ぜひご覧下さいね。それでは応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキングへ 
関連記事
ジャンル : 心と身体

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
検索
お問い合わせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。