おはようございます。
理学療法士の國津です。

サプリメントの効果に対する研究は
いくつも発表されておりますが、
効く、効かないの、賛否両論といった
ところでしょうか。

さらに製薬会社主導の試験などでは、
データにバイアス(見えない力)が
生じている可能性などが挙げられています。


2008年の国際変形性膝関節学会では、
変形性膝関節症に対する治療法の検討が行われました。

その中で
“グルコサミンには症状を緩和させる効果がある
 可能性があるが、もし6ヶ月内服を継続して
 効果がみられないときは止めるべき”
という見解に対する推奨強度は100段階で63でした。

軟骨の減少を抑制するという効果については、
さらに低い41という推奨強度でした。


体重コントロール96、運動療法96などと比べると、
かなり低いことがお分かりいただけると思います。


臨床現場では単独でサプリメントを用いることは
ありませんし、国際変形性膝関節症学会でも
薬物療法と非薬物療法(運動療法など)を
併用して行っていくことを推奨(96)しております。


ですから、サプリメントだけ摂取していれば
膝痛、股関節痛が治るというのは、
いまの医療の常識からは外れています。
軟骨の修復効果も期待できません。

なので、飲みたい方は飲んでもいいと思いますが、
ある一定期間で効果がなければ、運動療法を
一緒にがんばっていきましょう、
こんな感じでしょうか。


よろしければ参考にしてください。



Reference) 肥満と糖尿 Vol.8 No.6 「グルコサミンの効果は?」





股関節の痛み原因を探る  

当ブログはブログランキングに参加しております。
ブログランキングにはいろんな役立つブログがあります。
ぜひご覧下さいね。それでは応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキングへ
関連記事
ジャンル : 心と身体