医療やリハビリ、福祉のニュースなど、気になる話題をつづっています。

スポンサーリンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでいいのか?

おはようございます。
理学療法士の國津です。


今回の股関節学会で感じた一番大きなことは、
医療は進んでいるということです。

FAIのこと、関節鏡視下での手術のこと、
そしてナビゲーション手術のことなど、
ほんとすごいって思える内容が多かったです。

私たち理学療法士はもちろん手術はできません。
なので骨の問題には直接アプローチできません。

だからこそ、代替医療、保存療法を進めていく
立場の中で何ができるのかを考えて
いかなくてはなりません。


姿勢や歩行と筋肉を結びつけて
治療を展開していったり。

ただし医療の流れと同じ方向を
向かなくてはなりませんよね。

「もんだら治る」

「押せば治る」


なんてうたっている治療が
本当に正しいのでしょうか。

股関節の中では表面からは診れない
いろんな症状が起こっています。

それを押すだけで治るなんて、
到底思えなくなりました。


ほんといろいろ考えるきっかけを
頂けたと思いますので、
参加してよかったと思います。




股関節の痛み原因を探る  

当ブログはブログランキングに参加しております。
ブログランキングにはいろんな役立つブログがあります。
ぜひご覧下さいね。それでは応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキングへ
関連記事
ジャンル : 心と身体

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
検索
お問い合わせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。