理学療法士の國津です。

おはようございます。
今日は天気が悪いですね。


さて昨日御覧頂きましたように、
立っているとき足の指はしっかり
床をとらえるように動いてくれます。

ということは、足指の動きが悪いと、
立位バランスが悪い→歩行バランスも悪い、
となる1つの原因となってしまいます。

では足の指が動きにくい方は
どうすればいいのか?

答えは簡単。
足の指の運動をすればいいんです。

まずは先日お話しました、
握る伸ばす、開く閉じる。
これが基本となります。

あとグー、パーにチョキを加え、
グー、チョキ、パーの運動をしましょう。

はい、グー。
理学療法士股関節治療リハビリ 足グー

続いて、チョキ。
股関節理学療法士リハビリ治療専門 チョキ

最後に、パー。
理学療法士股関節リハビリ 足指パー


それができるようになったら、
これをしてみましょう。
リハビリでは『タオルギャザー』
という運動です。

タオルを床に敷いて、その上に足をおいて、
それを指でたぐりよせる運動です。
(タオルは濡らしてしぼった方がやりやすいかな)

理学療法士股関節治療リハビリ専門 タオルギャザー開始肢位

このとき、以前お話しましたように、
足の指はしっかり床をとらえながら
タオルをたぐりよせないといけません。

理学療法士股関節治療リハビリ 趾指とらえる2

どうですか?自宅でできそうですよね。



参考)

関連記事
ジャンル : 心と身体