前回の話の続きです。

理学療法士の多くは病院のリハビリテーション室で
仕事をしています。でもこのリハビリの部屋は
1階や2階の奥の方にあることが多いです。

身体に何か問題を抱える方が来られる部屋なので、
もうちょっとええ場所にあればいいのにと
よく考えていました。

だから他部署との交流は多くありません。
他部署のスタッフに「リハビリって何してんの?」
ってよく言われました。

本人や家族が治療してもらった方でないと、
理学療法士の仕事をイメージすることは
難しいんじゃないでしょうか。

私もこの世界に入るまでは知りませんでした。

いまどこか痛いところはないですか?
体のどこかが気になっていませんか?

体のこと、症状のこと、病気のことを理解することは
とても大切です。これらを理解すれば、対策すなわち
治療が見えてきます。

それだけではありません。症状や治療が理解できれば
精神的な安心感も得ることができます。

まあとにかく体のことを知ってて、
絶対損はしないと思うんです。

このブログはそんな身体にお悩みをお持ち方々や、
理学療法士を志す学生さんに見ていただきたい、
そう考えています。

できるだけわかりやすく、
できるだけ自分の言葉で、
お伝えできるようにしていきまね。


股関節の痛み原因を探る  

当ブログはブログランキングに参加しております。
ブログランキングにはいろんな役立つブログがあります。
ぜひご覧下さいね。それでは応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキングへ
関連記事
ジャンル : 心と身体
タグ : 理学療法士