理学療法士の國津です。

最近学生さんが実習にくるたびに、
「最近の学生は・・」とぼやいてる
理学療法士がいます。


「学生の目的意識が悪くなった」

「学習意欲が低い」

「医療職に向いていない」


などなど、文句を言い出すとキリがないのです。

最後に行きつくのが
「ほんとに理学療法士になりたいのか」
というところです。

単刀直入に言うと、理学療法士になりたくないと
思っている理学療法学生なんかいないと思います。

みんななりたいから、学校にいって、
勉強して、実習に来てます。


以前他の病院を見学にいったときに、
その病院のトップの先生に言われました。

「学生が眼を輝かすような治療してますか?」

心臓を撃ち抜かれるぐらい、ドキっとしました。

理学療法士自体のレベルが下がってしまって、
学生が「こんな先生みたいになりたい」って目標になれるような
理学療法士がいなくなってしまった、
とその先生はおっしゃっていました。

たしかに私が実習にいってたときには、
「こんな先生みたいになりたい」って思えるような
理学療法士がいて、その人の一言一句を
聞き逃さないように必死になれたものです。


学生さんだけの問題じゃないんです。
私たちもがんばらないとね。



股関節の痛み原因を探る  

当ブログはブログランキングに参加しております。
ブログランキングにはいろんな役立つブログがあります。
ぜひご覧下さいね。それでは応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキングへ 
関連記事
ジャンル : 心と身体