理学療法士の國津です。
先日ある方からこんな質問を受けました。

理学療法士を目指して進学したいんですけど、
 専門学校にいくべきですか、それとも大学にいくべきですか」

現在理学療法士を目指している方なら、
一度は考えることですよね。

専門学校なら3年(4年の学校もありますが)で
卒業できるメリットがあります。

また専門学校はそれを専門に学ぶ環境があり、
そういう人が集まってくる場であると言えます。

一方、大学は4年制が多いです。
大学にはキャンパスがあり、サークルがあり、
いわゆる大学生活を送れます。
給与面でも優遇している病院もあります。
(専門学校でもサークルのある学校はあります)


私たちたちが理学療法士になったころには大学が少なく、
専門学校という選択肢しかなかったのですが、
最近では理学療法士を養成する大学が増えたので、
大学に進学される方が多いです。


専門学校、大学ともメリット、デメリットは
ありますので、どちらに進むべき、
ということはありません。

大切なことはどちらに進んでも
理学療法士になるために、
どれだけ努力できるか。

それに尽きると思いますよ。




股関節の痛み原因を探る  

当ブログはブログランキングに参加しております。
ブログランキングにはいろんな役立つブログがあります。
ぜひご覧下さいね。それでは応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキングへ 
関連記事
ジャンル : 心と身体