理学療法士の國津です。

動作観察や動作分析って、
理学療法の学生様なら、
いや理学療法士でも一度は
悩みますよね。

正直「こうすればいい!」
っていう方法はないです。


そんなこと言ってしまうと、
話が終わってしまうので、
私なりに学生時代に考えてことを
ご紹介します。


歩行について考えていきましょう。

まずは正常歩行を理解する。
これがないと、どこがどう違うのか、
それがわからないと思います。

それができれば異常歩行も理解しましょう。
片麻痺なら?変形性膝関節症なら?など、
どういう特徴がでやすいのか、
それがわかっていれば、分析の足がかりになります。

最後に、慣れ。
これはどうしようもないです。

数をこなして、他の方の意見を聞いて、
フィードバックをもらう、
この繰り返しが大事なんじゃないですか。



皆さん、がんばりましょう。


股関節の痛み原因を探る  

当ブログはブログランキングに参加しております。
ブログランキングにはいろんな役立つブログがあります。
ぜひご覧下さいね。それでは応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキングへ
関連記事
ジャンル : 心と身体