医療やリハビリ、福祉のニュースなど、気になる話題をつづっています。

スポンサーリンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拘縮をつくる理由

理学療法士の國津秀治です。

8月8日の記事
膝下にクッションを入れて寝る
に対してコメントがいくつかありましたので、
それに対して今日は書きますね。


昔の病院や施設では、患者様(利用者様)が
動きまわらないように拘縮をつくる、
ということがあったようです。

「昔は・・・」、今は?

今もあるような噂を耳にしました。

昔でも、今でも、拘縮をわざと
つくっていい理由なんて存在しません。

介護職の方々の忙しさは、
私たちの想像を超えるもの、
それは理解しないといけないです。

でも、どんなに忙しくても、
どんなに大変でも、拘縮をわざとつくること、
そんなことが許されるはずはありません。

だってそうでしょ、自分が逆の立場だったら。
「忙しいから、動きまわらないように
 拘縮つくりますね」って言われたらイヤですもんね。


病院や施設もサービス業の1つです。
患者様や利用者様の求めるサービスを提供する。


それにつきます。



股関節の痛み原因を探る  

当ブログはブログランキングに参加しております。
ブログランキングにはいろんな役立つブログがあります。
ぜひご覧下さいね。それでは応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキングへ 
関連記事
ジャンル : 心と身体

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
検索
お問い合わせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。