理学療法士の國津です。

理学療法士の就職先で人気があるのは、
やはり急性期病院やないでしょうか。

急性期の魅力は?
やはり変化を感じとりやすいこと
ではないでしょうか。

座ることもままならなかった方が、
立つことができ、歩けるように・・。
そんな回復の過程があるからかもしれません。

クリニックに来られる患者様は
ほとんどが自分で歩いて来られます。
なので、急性期にあるような過程は、
ここではあまりありません。

以前理学療法の学生に聞きました。
「どこに就職したい?」

学生の返事は
「慢性期はちょっと・・・。」

まあ分からんでもないですが、
慢性期を担うクリニックの理学療法士としては
もうちょっと気を使って欲しかったです(涙)

じゃあ慢性期にはやりがいがないの?
クリニックで働いている理学療法士の楽しみは?

ありますよ。
いっぱいありますよ。

小さな変化がそこらじゅうで
診られます。

それはそれは小さな変化です。
急性期のような大きな変化ではないですが。

でもそこに楽しさがあることを
私はここに知りました。

クリニックだから、できること。
それもちゃんとあるんですよ。


股関節の痛み原因を探る  

当ブログはブログランキングに参加しております。
ブログランキングにはいろんな役立つブログがあります。
ぜひご覧下さいね。それでは応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキングへ
関連記事
ジャンル : 心と身体