理学療法士の國津です。

昨日の記事に理学療法士の諸先輩方から、
たくさんの貴重なご意見を頂戴しました。

排泄に関してはケアなのか、
その後の処理としての後始末になるのか、
大きく違いますよね。

ある先生が教えて下さいました。

「ケアが現場レベルでの要介護者の
リハビリテーションプロセスへの支援
であるという意識になればいいのですが、
まだまだ、リハビリとは理学療法等のことで
あるという認識がまかり通っていますから」

まさにその通りで、ケアの現場レベルでも
できるこがたくさんあります。

ケアの本質をもう一度、もう一度、みんなで
考えなおさないといけなないのかもしれません。

ここでポイントなのは、
みんなでって言うところです。

またこのようなことは私の勤めていた
病院だけではなく、色んな施設で
起こっているようです。


なんとか考えていかないと。


股関節の痛み原因を探る  

当ブログはブログランキングに参加しております。
ブログランキングにはいろんな役立つブログがあります。
ぜひご覧下さいね。それでは応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキングへ
関連記事
ジャンル : 心と身体