理学療法士の國津です。

以前勤めていた病院の上司の話です。
その上司というのが、昔の?軍隊の?昭和の?
いろんな疑問符がつくほど、むちゃな理学療法をします。

話を聞いてると家でもよくあるような
頑固親父やったみたいで・・。
まあ家のことはどうでもいいんですけど。

どんなリハか?
とにかく痛みを出す。
痛みを我慢してなんぼ。

あとよくならなかったら、患者様のせい。
「この人はやる気がない。サボってる。」と
罵声を浴びせる。

学生さんが来てても、そんなことお構いなし。
まあ自分がそう思ってるのだから、
学生さんの前でも変えることなんてないですよね。

新人だった私にも違和感はありました。
でも言えなかった。

もちろん痛い治療が必要なこともあります。

でも必要以上の痛みは、害になることもある、
そんなことは簡単に想像できそうなもんです。

おそらく今もあんな治療を
繰り返してるでしょう。

患者様がかわいそうです・・・。



股関節の痛み原因を探る  

当ブログはブログランキングに参加しております。
ブログランキングにはいろんな役立つブログがあります。
ぜひご覧下さいね。それでは応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキングへ
関連記事
ジャンル : 心と身体