理学療法士の國津です。

皆さんQOLっていう言葉をご存知ですか?

理学療法士理学療法士の学生の方なら、
もちろん知っているのですが、あまり聞き慣れない
言葉かもしれません。

Q = Quoliy(質)
O = Of(の)
L = Life(生活、人生、生命)


『生活や人生、生命の質』と意味です。

私が理学療法士の学生の頃、
大好きな先生がいて、この話しをよくされていました。

理学療法士である限り、最終的に
QOLが改善することを目標にする。」


いま理学療法士の団体は色んな意味で
帰路に立っている気がします。

理学療法士の数の増加し、
質の低下、保険点数改定に伴なう給料の減少、
職業団体としての方向性など、様々です。

臨床で日々患者様を治療することでその任務を全うする
理学療法士もいれば、日々研究に打ち込む先生、
また開業されて新しい道を切り開く先生方もいらっしゃいます。

でもどういう分野でご活躍になっていても、
結局原点はQOLを考えることかなと。

最近そんな風に考えています。

学生の皆様、実習で迷った、行き詰まったとき、
それを忘れないで欲しいです。

「この患者様にとってのQOLって?」

愚直にそこを追究すれば、自ずと答えは
導き出されるかもしれません。
いやきっと良い方向にいきますよ。


患者様、ご家族様へ、
どうすれば、またどうできればその方にとって
一番よいのでしょう?
それを担当のスタッフと話し合いましょう。


QOL、それをまず考えて。



股関節の痛み原因を探る  

当ブログはブログランキングに参加しております。
ブログランキングにはいろんな役立つブログがあります。
ぜひご覧下さいね。それでは応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキングへ
関連記事
ジャンル : 心と身体