医療やリハビリ、福祉のニュースなど、気になる話題をつづっています。

スポンサーリンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筋トレの回数

前回は負荷のお話だったので、
今回は『何回したらいいか』、
すなわち『回数』のお話です。

これも前回ちらっとでてきてましたが、
100回とかあまり多すぎるのはダメです。

逆に言うと100回できるということは
負荷が軽すぎるということです。

負荷のキーワードは『重め』でしたよね。
PT(理学療法士)が学校で教わる筋トレの
理論の1つにDeLomeの理論があります。

これは簡単に言うと「~回やったときに
燃え尽きるぐらいの重さと回数で筋トレをやる」。
めちゃく分かりにくいですね。

例えば回数を10回にすれば負荷は
やや重めぐらいにして、10回終わったときに
燃え尽きてるという状態。

極端に回数を1回にして完全フルパワーで
あげる重さで燃え尽きてもいいんです。


つづく


運動学こそ理学療法士の生きる道
I am with you. ひとりで悩まないでね





関連記事
ジャンル : 心と身体

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
検索
お問い合わせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。