理学療法士の國津です。

まず先に。

日本代表、おめでとうございます!
いや、ありがとうございます!


サッカーでこんなに熱くなるのは
何年ぶりでしょうか。

ツィッター上でも、変な団結あるし。
楽しめました。

次戦も楽しみましょう。



さて本日の話題です。

患者様によくこんなことを聞かれます。

「先生、歩いた方がいいの?
 自転車の方がいいの?」


どっちも動くっていう意味では、
一長一短ありますが、どっちがいいんでしょう?


はるか昔、4つ足から2足歩行に変わったときから、
人間は2足で歩くことに特化してきました。

私たちの骨格も、関節も、筋肉も、
歩くために効率の良い形に進化した、
といっても過言ではないかもしれません。

その流れでいくと、歩いた方が良さそう・・、
ってなりそうですが、そこで考えないといけないのは、
患者様個々の症状や生活です。

例えば歩くとめちゃくちゃ膝が痛い患者様で
自転車はよく乗るから大丈夫というのなら、
自転車での移動を勧めるかもしれませんし、
逆に自転車で動くのは怖いっていう患者様が
いらっしゃれば、歩くことを勧めるかもしれません。

患者様の症状や生活スタイルをお聞きして、
それをもとに治療や自主トレ、生活指導などを
行っていくことが重要です。

どんな患者様にも「歩く方がいい」なんて言う
医療スタッフもいますが、それはちょっと違うと
思うんですよね。

患者様がどんな生活ができれば
よりQOLが上がるのか、それをまず第一に
考えていければと思います。



いや、今日は寝不足ですね。


股関節の痛み原因を探る  

当ブログはブログランキングに参加しております。
ブログランキングにはいろんな役立つブログがあります。
ぜひご覧下さいね。それでは応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキングへ 
関連記事
ジャンル : 心と身体