理学療法士の國津です。
重心のつづきで、
『前額面』と『矢状面』の話です。

前額面上、矢状面上での人間の体の重心は
2番目の仙骨のやや前方にあります。
仙骨というのは、腰の骨の下にある脊椎です。

足底からみると、個人差はありますが、
成人男性では身長の約56%、
成人女性では約55%の高さにあります。

赤ちゃんでは成人に比べて重心が高いです。
頭が重いですからね。

重心の高さでみると、低い位置にある方が
安定性はいいです。

あんこ型という言葉をご存知ですか?
知ってる人は相撲か、柔道のマニアです。
丸くてどっしりしている体型のことです。

あんこ型なんて、まさに安定している体型の
代表例になるんじゃなですかね。

逆にいまの力士でいうと琴欧洲関のように、
背の高い選手は、重心の高さと
いう点では安定性があんこ型に比べて悪いです。

重心を矢状面や前額面で考えることも
重要です。以前からお話ししていますが
体幹がしっかりしていても、足がやせてたら、
やっぱり安定感がないですよね。



股関節の痛み原因を探る  

当ブログはブログランキングに参加しております。
ブログランキングにはいろんな役立つブログがあります。
ぜひご覧下さいね。それでは応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキングへ 
関連記事
ジャンル : 心と身体