医療やリハビリ、福祉のニュースなど、気になる話題をつづっています。

スポンサーリンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前額面 矢状面 水平面

理学療法士の國津です。

ここまで重心のことを述べてきましたが、
補足をしていきます。

重心を考えるときは、
3つ面上で考えなければなりません。
『矢状面上』、『前額面上』、『水平面上』です。

はい、また難しい言葉がでてきました。
この説明を先にしておきましょう。

分かりやすいサイトがあったので、
そちらを紹介する方が早いでしょう。


人間特性データベース【基準面】


私が今まで述べてきたのは重心は、
「水平面上に重心が通る線(=重心線)が
降りてきた点」と言い換えることができます。

ですから水平面上の問題だけをお話して
いたのですが、実は高さの要素なんかは
入ってなかったわけです。

では『矢状面上』や『前額面上』では
どうなるのか、そのあたりは次回にお伝えします。




股関節の痛み原因を探る  

当ブログはブログランキングに参加しております。
ブログランキングにはいろんな役立つブログがあります。
ぜひご覧下さいね。それでは応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキングへ
関連記事
ジャンル : 心と身体

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
検索
お問い合わせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。