医療やリハビリ、福祉のニュースなど、気になる話題をつづっています。

スポンサーリンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

等尺性収縮


今日は等尺性収縮の話です。

これも言葉のまま見てもらえたらいいかなと思います。
『等しい尺の性質』なので言い換えれば『尺が等しい』
ということで、長さが変わらないということです。

具体例をあげましょう。
またまたまた上腕二等筋で説明しますね(笑)

求心性収縮や遠心性収縮の場合、肘を曲げたり、
肘をゆっくり伸ばしたり、肘の動きが伴ってました。

肘の運動は『筋の作用』のところでも書きましたが、
上腕二等筋の一番大きな仕事です。

では今度は肘を動かさず90°曲げた状態で
鉄アレーを保持したとしましょう。
このとき上腕二等筋が働かないと保持できません。

上腕二等筋は収縮してるはずです。
でも上腕二等筋の仕事である肘を曲げる運動は
おきてませんよね。

ということは長さは変わってないはずです。

このように筋が働いても長さが変わらない収縮を
等尺性収縮と言います。

等尺性収縮は腹筋は背筋など
姿勢を保持する筋で見られます。

等尺性収縮は強い収縮が得られる一方、
血圧が上がりやすいので注意が必要です。









関連記事
ジャンル : 心と身体

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
検索
お問い合わせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。