医療やリハビリ、福祉のニュースなど、気になる話題をつづっています。

スポンサーリンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腕の振りをヒントにして

少しだけおさらいをします。
を持つのはどちらの手でしたか?

正解は「元気じゃない足の逆側の手」でしたね。
お忘れの方はこちらをご覧になってから、
読み進めてください。

こやってお伝えしていますが、
これって決まってることじゃないんです。

例えば以前お伝えしたなんば歩き。
これだと逆側の手で持たないですよね。
杖歩行にするとこんな感じになるでしょうか。


歩く時って手はどうやって振ってますかね?
どちらの足を出す時に、右手(もしくは左手)を
振ってますか?


ご存知、HONDAのASHIMO君です。
右足を前に出していますが、
その時には左手を振っていますね。

そう、通常歩く時は出す方の足と
逆の手を振っています。
これにも骨盤や体幹が関係しますが、
いまはちょっとおいておきます。

ということは、ASHIMOの写真でいうと
右足をかばいたいなら、は左手に持つ、
ってなりますよね。

右手とか、左手とか、考えなくても大丈夫。
普通に手を降ればおのずと分かります。

これが一本杖(T-cane)歩行のベースに
なりますので、しっかり理解して、
いやいや体で確認してくださいね。

こちらの記事はこの本を参考にしました。

関連記事
ジャンル : 心と身体

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
検索
お問い合わせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。