医療やリハビリ、福祉のニュースなど、気になる話題をつづっています。

スポンサーリンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理学療法士を取り巻く環境 その3

養成校のホームページやパンフレットをみていると、
「就職先あります」とか、「まだまだニーズがあります」、
などとうたっています。

たしかに昨年の就職活動時はそうだったかも。
でもそれを見て入学した学生が卒業する頃には
どうなっているのでしょうか?

人が増えるということは給料が下がるということで、
理学療法士の平均年収は年々下がっています。
ここ5年ぐらいで数十万円も下がりました。

ある大学の准教授なんて講義中に
「いまからでも遅くないから、違う道に進んだら」
なんて言ってるそうです。

よくないことばかり書いてますが、私が理学療法士
なって本当に良かったと思えることは
人間の体がわかるようになったということです。

最初の方のブログにも書きましたが、体の仕組みを
知ることで絶対損はしませんし、健康でいたいなら
体のことをもっと知るべきです。

理学療法士を取り巻く環境は年々厳しくなってきて、
今後もその傾向は続くでしょう。

理学療法士は手術や注射はできませんし、
薬も処方できません。
でも私たちの手でできることはたくさんあるはずです。

理学療法士の可能性』をひろげていくために、
このブログが少しでもお役に立てればと幸いです。

そのために有用な情報をお伝えして、
もっともっと読者が増えるようにしないといけませんね。

皆様のご協力なくして、このブログの
発展はないと考えていますので、
これからもご協力宜しくお願いいたします。



股関節の痛み原因を探る  

当ブログはブログランキングに参加しております。
ブログランキングにはいろんな役立つブログがあります。
ぜひご覧下さいね。それでは応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキングへ 
関連記事
ジャンル : 心と身体
タグ : 理学療法士

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
検索
お問い合わせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。