医療やリハビリ、福祉のニュースなど、気になる話題をつづっています。

スポンサーリンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリニカルパス その2

では昨日の続きを。

クリニカルパスに関しては全国的に
用いられていますが、賛否あるのも事実です。

ここではクリニカルパスの賛否を
述べることはいたしません。

私が思う一番の危うさは、患者様の状態に
合わせて治療を行っていくことが
できないということでしょうか。

もちろん患者様に変化があったときには
その時々で対応はします。

でもまずクリニカルパスありきで治療が進むので、
『患者様第一!』なんて状況ではないです。

私もよくやってました。
クリニカルパスで手術後翌日に車椅子への
移乗が可能とありました。

「はい、○○さん、車椅子に移りましょうか」

昨日手術したばかり。もちろん傷口が痛みます。
でも起こそうとします。

「痛い、痛い」

でも続けます。

「このね予定表にはそうなってるから起きましょう」

もちろん寝ている時間が長いと廃用といって、
筋力低下が起こります。なので早期からの
リハビリは有効だということは事実だと思います。

でも自分が90歳なら起こして欲しくないかも・・、
そう思うこともあります。


医療界でクリニカルパスは今後も続くと思われます。
でも本当に患者様のことを考えて、オーダーメイドの
治療をしてあげたい気もします。

医療費の問題や、医療の質の問題、
様々な問題が絡んでくるので、
難しいですよね。


股関節の痛み原因を探る  

当ブログはブログランキングに参加しております。
ブログランキングにはいろんな役立つブログがあります。
ぜひご覧下さいね。それでは応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキングへ
関連記事
ジャンル : 心と身体

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
検索
お問い合わせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。