こりゃ大変です。
気になったからちょっと調べてみました。

生まれ育った大阪府では養成校、大学は21校あり、
募集定員は合わせて約1300人!!
多いとは思ってけど、これほどとは・・。

もし全員が理学療法士になれば、1300人分の
就職先が必要なわけです。

もちろん全員が大阪府に就職するわけじゃないけど、
大半が大阪府に就職先を探せば1000人分以上は
就職先がいるんです。

はっきり言ってそんなに病院や医院はありまへん!
介護施設を合わせてもそんなにないと思うんです。

以前は理学療法士が少なく引く手あまたの時代も
ありましたが、病院側もそれなりに充足してきて、
就職先が減りそうな時代は何回かありました。

そんな頃に介護保険が始まって、介護施設への
就職が開拓されたり、回復期リハビリテーション病院が
新しく作られたりしてなんとかみんな就職できました。

でもね、この先は違うと思うんです。
病院経営も楽じゃない状況で、今後も病院がどんどん
できていくこともないだろうし。

悲しいけど就職率が100%を切る時代が
もうすぐやってくると思うんです。
パンフレットとは違うけど、現実はそうなんです。

理学療法士を志望する方には
ぜひこの事実だけでも知っていただきたいです。



股関節の痛み原因を探る  

当ブログはブログランキングに参加しております。
ブログランキングにはいろんな役立つブログがあります。
ぜひご覧下さいね。それでは応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキングへ 
関連記事
ジャンル : 心と身体
タグ : 理学療法士