医療やリハビリ、福祉のニュースなど、気になる話題をつづっています。

スポンサーリンク
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杖のつき方(杖の使い方)

杖の握り方が分かりました。
杖の高さも合わせました。

次は?

細かいことなのですが、
杖のつき方杖の使い方)です。

「そんなん分かってるわ」と
おっしゃるかもしれませんし、
「そんなん考えたことないわ」
とおっしゃるかもしれませんね。

あんまり難しいことはではないのですが、
の角度です。

理学療法士と運動学 島野モデル

前から見た写真です。
は床に対してまっすぐついてます。

こういう方をよくみかけます。

理学療法士と運動学 杖斜めつき

にもたれかかっています。

に垂直につくようにすると、
安定しますが、斜めにつくとグラグラします。

グラグラした状態で杖に頼ると
転倒する可能性があります。

以前から申し上げているように、
は「自助具」なので、自分を
助けてくれないと意味がありません。


今回は前からみて垂直かどうかを
問題にしましたが、横からも見ても垂直に
つけているかも、もちろん重要ですよ。

をまっすぐ床に突き刺すように」
と私はお伝えしています。


今日は話はこちらの本を参考にしました。

関連記事
ジャンル : 心と身体

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
検索
お問い合わせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。